グルメ・カフェ情報

リトアニアのおすすめバー:ヨーロッパ中から厳選された20種類以上のクラフトビールを揃えたクラフトビール専門Bar

こんにちは。ヨウヘイ(@yohei_mmt)です。

今回はリトアニアの旧市街地でヨーロッパ各国のクラフトビールが飲める、ビール好きには堪らないクラフトビール専門バーをご紹介したいと思います。

近年、日本でも「クラフトビール」はとても人気がありますが、リトアニアでも同様にクラフトビール人気はすごく、旧市街地にある多くのバーで各地のクラフトビールが飲めるようになっています。

なお、リトアニアはソ連支配前まで国内に200ヶ所以上のビール醸造所があったと言われており、現在でも80ヶ所以上が残っています。そして、ビール消費量についても世界トップ5と言われており、生産・消費ともにビール大国となっています。

ヨウヘイ
ヨウヘイ
缶ビールなんて500ml1本が130円と激安だしね!

リトアニアでも人気のクラフトビールとは

そもそも「クラフトビール」とは、どんなビールのことを言うかご存知でしょうか?名前くらいは聞いたことがあるけど、詳しく知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

クラフトビールとは、簡単に言ってしまえば「小規模な醸造所で作られた手作りビール」です。

日本ではクラフトビールに似たものとして、かつて「地ビール」が流行ったことがありました。しかし、その頃はお土産色が強い産地ビールとしての紹介がほとんどで、味は二の次といったようです。そして、そういったブームも時間の経過とともに廃れてしまいました。

ヨウヘイ
ヨウヘイ
旅行に行ったときのお土産でよく買われてたイメージだなぁ

しかし2000年頃になると、アメリカで各醸造所の特徴を活かしたビールを各自の好みに合わせて見つけ出す、といったことがブームになります。それまで、小さな醸造所は自分たちのビールを知ってもらうための広告活動に大変苦労していましたが、ビールを好きな人が自分たちで探してくれるようになっていったのです。

リトアニアでは先に記載したとおり、昔から国内にいくつもの醸造所があり、地元のお祭などでは自分達の手作りビールを飲みながらお祝いをするといった習慣があったようです。

そういった昔から作られてきた各地方のビールが、近年のクラフトビールブームによって首都部中心地に出店しているバーなどに集結していき、現在ではビール愛好家にとって憩いの場所となっています。

クラフトビールは香りが特徴的で鼻でも味が楽しめる

Nisha Craft Capital(ニーシャ・クラフトキャピタル)

そんなリトアニアの地方で作られているクラフトビールを飲むことのできるお店が、旧市街の中心地にある「Nisha Craft Capital」というクラフトビール専門バーです。

お店の周辺は比較的静かなエリア

こちらのバーは、完全にクラフトビールに特化したお店で、常時約20種類のクラフトビールと各国から取り寄せた瓶ビールなどを飲むことができます。基本的にビール専門店なので食べ物はほとんど用意されてなく、乾き物が数種類用意されているのみとなっています。

食事と一緒にビールを飲むことはできないので、食事をしたい方は事前に別の場所で済ませておくことをオススメします。

店内はいつも多くのビール好きで賑わっていますが、リトアニア人はもちろん観光でリトアニアへ来ている海外の人も多く訪問しているようです。リトアニアの各地方のクラフトビールが飲めることも嬉しいですが、それ以外のヨーロッパ中のクラフトビールを厳選して集めてくれていることが人気の理由なようです。

ヨウヘイ
ヨウヘイ
特徴的なクラフトビールを各種揃えてくれているよ

飲めるビールはその日によって変わる

こちらのバーで飲めるクラフトビールは、仕入の状況によって変更されるようです。店内には、醸造国とアルコール度数、簡単な味の説明などがメニュー表に書かれているので、そちらを参考にすると良いでしょう。

店員さんにオススメなどを聞いても色々教えてもらえますし、テイスティングすることも可能です。ただし種類も色々あるので、どういったタイプの味(酸味が強い、フルーティなど)が好みかどうか伝えてみると良いでしょう。

バーのウェブサイトにもメニュー表は載っていますが、更新頻度はそれほど多くないようなので実際店内のメニューを見たほうが正確だと思います。

同じリトアニアのクラフトビールでも味が全く異なります
モニターに製造国、アルコール度数、味の種類などが表示されています

実際に行ってみて感じたこと

今回はこちらのバーで数種類のクラフトビールを飲んでみましたが、やはり通常の缶ビールなどに比べるとビールそのものの香りがとても強く感じました。一気に飲んでしまうと少しもったいないので、少しずつ香りも一緒に楽しんで飲むことをオススメします。

なおこちらのクラフトビールの値段は、通常の生ビールに比べると若干割高に感じますが、1杯3~5€前後で飲むことができ、日本でクラフトビールを飲むことを考えるとかなり安く感じます。

また折角のクラフトビール専門バーなのでなるべく多くの種類に挑戦したい気持ちもあると思いますが、全ての種類を飲むことは難しいと思うので、メニュー表を参考によく吟味してから注文してみましょう。バーの店員さんはビールに関しての知識も多くて、かなり親切なので分からないことがあれば気軽に聞いてみると良いと思います。

1人で注文をこなすバー店員さん
常陸野などの日本ビールも置いてあります

まとめ

いかがでしたか?今回はリトアニアでも大人気のクラフトビール専門店のご紹介でしたが、ぜひリトアニアへ観光で訪れた際には地元のクラフトビールや近隣国の自慢のビールに挑戦してみて下さい。

店内も海外らしいオシャレなバーとなっていて、現地の人が多く集う場所となっています。美味しいクラフトビールを飲みながら、店内でリトアニアの情報について色々聞いてみるのも良いかもしれませんね。